いろいろやってみて最後はAGA治療でGO!

AGA8
薄毛が気になり始めると、何とかしないと!と思って気持ちが焦って、とりあえず手っ取り早い市販品の育毛剤や発毛剤に手を出すと思います。しかし、本当に効いているんだろうか?今度は別のを試してみよう、なんてやっているうちにボトルばかり溜まっていた、なんてことはないでしょうか。
もしやってみて実感できるくらいの効果があれば、間違いなくそれ一筋で続けていこうと思うはずです。そう思わないという事は、もしかすると本当に効果がないのかもしれません。

 

なんで薄毛になるのか?その原因は?薄毛になる体の仕組みを知れば、どんな対策を取ればいいのかが見えてくるはずです。原因から対策法までをひっくるめて考えてみたいと思います。

 

まず薄毛になる原因とはいったい何でしょうか?歳を取ってきたから仕方がない、と思われている方も多いですが本当に都市の関係だけでしょうか?

実は薄毛の原因には、男性ホルモンが深く関わっています。

 

薄毛の原因というのは、男性ホルモンの一部の成分が作用するためです。この男性ホルモンは歳を取るにつれて、減っていくと言われています。という事は、歳を取ったから薄毛になるという認識は違う事になります。これをAGA治療で見てみます。あらゆる育毛剤を使っても効果が出ないので、AGAを治すためにクリニックに通院

 

AGA治療というのは、体の内側から体質そのものを改善していく治療法です。治療は主に、生活習慣の改善、脱毛抑制、初脳促進の3項目があって、これらを同時に進めていきます。

 

まず発毛しやすい体のベースを作るために、生活習慣を見直します。食生活、ストレス、喫煙などを見直す事によって、他の項目が活きてくる事になります。次に脱毛抑制のために、プロペシアという抜け毛の原因になる男性ホルモンを抑制する薬を服用します。それと同時に発毛促進の効果がある、ミノキシジルという毛母細胞を活性化させる薬を服用します。これらを同時に進める事で、自然と髪が増えていく体質になっていきます。
AGA9
この事から考えると、男性ホルモンの髪に悪い成分をいかに抑えるかがポイントと言えます。つまり男性ホルモンに直接働きかけるには、内服の方が効果的という訳です。この理屈が分かれば歳に関係なく、薄毛の体質を改善することができます。